いつかの天の川と万次郎

いつかの天の川と万次郎。

日本人としてはじめてアメリカ大陸に上陸した人物は誰だか知っていますか? 
その人がジョン万次郎。名前くらいは聞いたことがあるかと思います。
その彼が日本に帰国する際に上陸したのは糸満市の大度海岸でした。

シュノーケルや海亀の産卵でも有名なこの海岸は、星を見るのにも良い場所。
満天の星や天の川もバッチリ撮ることができます。

ジョン万次郎と星空フォト、島宙記念寫眞なんていいかもしれませんね(笑)。

島宙記念寫眞やロケーションフォトなど、いまはまだまだ三密を守り、屋外での撮影が基本となります。

撮影のご予約は随時受付中です。希望日前日から半年先まで承っています。島宙記念寫眞に関しては、空いていれば当日14時まで予約可能です。

予約・問い合わせはメール、またはホームページの予約・問い合わせフォームからどうぞ。

Location : ITOMAN OKINAWA JAPAN

いつかの天の川

いつかの天の川。

今日は知人が内地へ転勤となるので、送別の焚き火会を開催。湿気が多かったけど、大度海岸は雲ひとつない最高の星見日和。天の川も肉眼でも確認できるくらいでした。

しかし、そんな絶好のコンディションのときに限って、カメラを持って来ていなかった( ̄▽ ̄;) ←カメラマンあるある? 

悔しいので今回はいつかの天の川をアップ。夏の天の川は、早めの時間でも背筋がずっと伸びていて本当に美しいのです。

島宙記念寫眞やロケーションフォトなど、いまはまだまだ三密を守り、屋外での撮影が基本となります。

撮影のご予約は希望日前日から半年先まで承っています。島宙記念寫眞に関しては、空いていれば当日14時まで予約可能です。

予約・問い合わせはメール、またはホームページからどうぞ。

Location : YAESE OKINAWA JAPAN

いつかの星空キャンプ

いつかの星空キャンプ。

カメラは仕事ですが、趣味はキャンプ&焚き火です(ま、撮影は趣味でもありますが……)。
先日ようやく自粛が解かれたので、恩納村某所でキャンプしてきました。

なのでホントは「この前の星空キャンプ」なんですが(笑)。

満天の星の下でキャンプするのは本当に気持ちいいです。
場所探して、テント立てて、支度して、焚き火を焚いて…… あとはときの流れるままに火を眺めながらボーッとして。
何をするわけでもないですし、オシャレなキャンプとは程遠いものですが、オイラにとっては本当に至福の時間です。

なので、キャンプしているところへ、島宙記念寫眞を撮影に来て欲しいなんて要望にも応えますよ。
趣味と実益兼ねてオイラにとっては最幸ですはから( ̄m ̄ )ププッ

島宙記念寫眞やロケーションフォトなど、いまはまだまだ三密を守り、屋外での撮影が基本となります。

撮影のご予約は希望日前日から半年先まで承っています。
島宙記念寫眞に関しては、空いていれば当日14時まで予約可能です。

予約・問い合わせはDM、またはホームページのリンクからどうぞ。

Location : ONNASON OKINAWA JAPAN

 

いつかのふたり星の下で

いつかのふたり星の下で。

女子旅の思い出に満点の星の下で島宙記念寫眞。沖縄なら高い山の上まで行かなくても、美しい星空が楽しめます。

早くも沖縄は梅雨に入ってしまいましたが、梅雨の晴れ間には思い出に残る素晴らしい星空フォトが撮影できると思います。

ポーズも自由ですし、時間内であれば枚数に制限はありません。だいたい1015枚くらいでしょうか? ミスショットは除きますが、場合によってはそれもまた思い出になるので、納品する場合もあります。

撮られるだけではなく、自分たちでポーズなどを考えたり、何秒間か我慢して止まっていたりと、旅先でのひとつのアトラクションとして楽しんじゃってください。

希望があればのんびりと星を眺める時間も承りますよ。

島宙記念寫眞やロケーションフォトなど、いまはまだまだ三密を守り、屋外での撮影が基本となります。

撮影のご予約は希望日前日から半年先まで承っています。島宙記念寫眞に関しては、空いていれば当日14時まで予約可能です。

予約・問い合わせはDM、またはプロフィール下にあるホームページのリンクからどうぞ。

Location : YOMITANSON OKINAWA JAPAN

いつかのソーシャルディスタンス

名護湾の夕陽

いつかのソーシャルディスタンス。

二人の距離が偶然にもソーシャルディスタンスだったものでこんなタイトルにしましたが、このときはいまのような騒動になるとは微塵も思ってませんでした(笑)。

沖縄は晴れ渡った青空も素晴らしいのですが、夕陽もまたものすごく美しいです。こんな夕陽を少しでも早く多くの方に見てもらえるよう、沖縄に訪れてもらえる環境が整うといいですね。
“いつかのソーシャルディスタンス” の続きを読む