キャンプに欠かせないモノ

オイラのキャンプに欠かせないモノ、それは焚火とオイルランタン。もちろん他にもあるけど、このふたつはホントに特別。

焚き火はそもそものキッカケなので当たり前。もう一つのオイルランタンはキャンプサイトの雰囲気づくりに欠かせません。

ん? 灯りじゃないの?って思う人がいるかもですが、実はオイルランタンはそれほど明るくないんです。でもこのランタンの明かりが優しくて、最高の雰囲気を作ってくれるんです。

焚火プラスオイルランタンの灯りで、キャンプサイトは気持ちを落ち着けてくれる癒しの空間となるのです。

Location : NAGO OKINAWA JAPAN

整理整頓が下手な上に心配性なのです

このところキャンプと麺類の写真ばかりアップしている気がする…… アップの許可が出ている写真がなかなかないんですよね。

で、今回も懲りずにキャンプ関連(笑)。

できるだけ装備は少なくして行きたいのですが、整理整頓が下手なのと、心配性なので使わなくても持っていないと不安になったりして、どうしても荷物が多くなってしまうんですよね。

ホントはこのバックパックひとつプラスアルファくらいで済ませるようにしたいなぁ。荷物少ない方がカッコイイもんなぁ。

Location : NAGO OKINAWA JAPAN

機能や実用よりもカタチでチョイス(笑)

またまたキャンプネタ。
今回はナイフ。機能よりもカタチが気に入って選んだ(笑)、ベアボーンズのNo.6 フィールドナイフを使ってます。あまり使っている人がいないのも気に入っている点のひとつです。

基本焚火好きなわけですが、火を起こすためにはナイフは必需品。大きな薪をタガネや斧で(あ、斧もまた紹介しますね)割ったあと、ナイフでその薪を中くらいや、小割りなどのサイズに割っていきます(バトニングと言います)。

火をつけるときは、ファイヤースターター(これもまた今度)を使うのですが、小割りした薪に火がつきやすいようにフェザースティックを作ります。このときにナイフで薄く羽根のように毛羽立たせるのです。写真のフェザー、あまり上手じゃないけど( ̄▽ ̄;)

何で? ライターがあればいいんじゃないの? という人もいるかと思いますが、違うんです。火を育てていく楽しみがあるのです。わざわざ不便なことをして、火がついた瞬間の喜びは変え難いものがあるんですよ。半分以上はこの時点で満足しているかも(笑)、です。

Location : NAGO OKINAWA JAPAN

オイルランタンは実用より雰囲気(笑)

キャンプネタが続きますが、まぁ好きなことだから仕方ない( ̄▽ ̄;)

基本いま流行りの(笑)ソロキャンプなので、キャンプの道具は(“ギア”という言い方が好きでないオッサンです)実用ばかりではなく、格好良さや雰囲気を優先することも多いです。

このオイルランタンもそんな道具のひとつ。正直明るさを求めたら全然足りないんですが、なんとも言えない優しい灯りを灯してくれるのです。風でゆらゆら揺れる炎さえも気持ちを癒してくれます。

夜の帳が下りるころ、オイルランタンに火を灯し、キャンプは本番を迎えるのです。

Location : ITOMAN OKINAWA JAPAN

モクマオウから初日の出

どんな風に投稿していったらいいのか、考え過ぎて投稿が全然できませんでした。あまりに仕事に結びつけることを考えすぎていたのかもしれません。イヤ、それが当たり前なんですが、自分には向いてなかったみたいです(笑)。難しく考えすぎました。

体裁よりも続けることが大事かなと思って、ランダムな内容でとりあえず始めてみようかな、と。

ということで、2021年も恒例の年越しキャンプで始まりました。例年は山の上でしたが、今回は海辺にテントを張りました。なので今年の初日の出はモクマオウの木の間から拝むことになりました。

2021年もポルコフォトグラフをよろしくお願いします。

Location : NAGO OKINAWA JAPAN

撮影の予約・問い合わせはDM、またはプロフィール下にあるホームページのリンクからどうぞ。

予約は希望日前日から半年先まで承っています。沖縄星空寫眞館に関しては、空いていれば当日14時まで予約可能です。